龍山作・清安書 (阪田好・三代目安清)    

      写真をクリックして下さい

龍山作・清安書  (阪田好・三代目安清)

本駒は、木地成型から本駒の製作時期は昭和11年以降の作品です。
本駒は特別に大型な駒であり特別な彫銘の駒です。この駒は豊島作・清安花押と対となって隠された意味のある駒です。

昭和12年に読売主催「大棋戦」で「阪田好」の駒が使用されました
「大棋戦」は阪田、木村の対決が昭和12年2月5日〜11日。阪田、花田の対決は昭和12年3月22日〜28日に対局が行われました。
「大棋戦」とは木村と花田氏とが十一年の暮れ頃、当時二人は名人戦の鍔競合の最中に出た話であったそうで、阪田氏の将棋大成会参加の企であった。
この二人の申し出に阪田氏は「盤と駒とは是非新調して使おうということになった。 その時に阪田氏が言うのは、盤は少し大き目に、それから駒は柾目の正しく通ったのを使いたいと希望を出した。」と対戦を引き受け将棋大成会参加も引き受けました。
東 公平氏によれば「阪田翁はもともと視力が弱い人だった。そのために特別に線の太く引かれた八寸の将棋盤三面、肉厚で柾目の阪田好みの駒三組が、この対局のために新調されていた。
菅谷北斗星氏によれば、「今度の対局にもやはり阪田氏の希望によって、同氏好みの盤と駒とを使っている。駒の裏にはちゃんと『阪田好』と三字が明記されてあるのだ。」と書籍に掲載されました。
阪田はこの時使用する駒を、数次郎に任したのです。
目の悪い阪田氏の求めに応じて、大き目の盤に合う大型の駒を急遽作る必要に迫られて作った書体が本駒と同じ清安書体です。
下記画像の駒がその時に使用され、数次郎により作成された駒で最近の現代サイズの大型の駒です、駒成型も本駒と同じ成型で同時期に作られた駒です。

(画像をクリックで拡大)
使用された駒       対局画像   記事


 使用された上記の駒の銘は「阪田好」「三代目安清書」です、この時、数次郎はこの新作の書体に何故に「三代目安清書」と銘を入たのでしょうか、また三代目安清とは誰でしょうか?

私の蒐集駒で「菊折枝蒔絵の将棋盤、駒箱、駒」と全く同じ書体で書かれた「清安花押」銘の作者は、同じ書体同じ花押で「安清花押」銘の駒を残しており、おそらく清安から安清に銘を変えた駒師が初代安清ではないかと思われます。
(清安)安清は1800年代の4半世紀前半に活躍しましたので、その子孫達の2代目は幕末から明治期、三代目は明治期から大正期の駒師であろうと推測致します。
そこで、坂田三吉とも交流が深かった、増田弥三郎が実は三代目の安清に当たるのでは、と考えますと、「阪田好」「三代目安清書」の謎が解け、多くの疑惑の点と点が線で繋がります。

信華の父である増田弥三郎は自分の作品には芙蓉・花押あるいは増田芙蓉筆を残す作者で、安清も安清筆と銘を残します、(芙蓉のコーナーをご覧ください)。また中将棋の安清・花押の作品の花押もご覧ください、花押の形が安清の花押と良く似ています。(子孫である二代目安清は直系分家を含め花押の数だけ複数存在します)
明治・大正期に関西将棋駒界に一大勢力を誇った「芙蓉」です。
駒作りをしていた武士階級の増田家だからこそ、大政奉還で失職した下級武士をまとめ上げ、関西で彫駒作り集団の「芙蓉」を作り上げれたものと思います。
ちなみに、「芙蓉」とは上級武士が上様である将軍に謁見する為に控える部屋「芙蓉の間」を管理する身分であった事を暗示しています。

私は、増田弥三郎は、清安(安清)の跡を継いだ多くの子孫の一人ではないかと推測する事で全ての謎が解けました。
「阪田好」「三代目安清書」の銘は、信華の父(三代目安清)へ奉げた、数次郎の謝罪と感謝のメッセージを込めた駒銘だったのではないでしょうか。
この書体は信華の父に奉げた書体であり、源氏の兵衛の清安の書体として「清安書」としたのではないかと思います。

信華が実家から豊島に持ち込んだ清安の駒から結婚当時に作成した細字の清安は信華個人の著作書体として、数次郎は離婚後には決して作成しなかったし、信華が義父だった太郎吉の支援を密に受けて駒を作り続けられた事も、信華が細字の清安を頑なに作り続け、後に信華が「源兵衛清安」とした謎も解けます。
実は、本駒と同じ製作時期に、本駒同様の豊島成型の大型の木地に信華が「源兵衛清安・花押」「増田信華作」の駒を作っています。
おそらく、その駒こそ信華の数次郎に対する本駒の返答だったのでしょう、気持の上でやっと整理が付き、増田家の信華として生きて行く決心の表れではなかったかと思います、その駒に記した花押と、結婚当時の数次郎が作った細字の清安の花押は同じです。
信華と同じ時期に数次郎も、同じ書体(新婚当時の清安)で二人が示し合わせた様に初めて、「源兵衛清安・花押」と銘を入れた駒を作っています。
「源兵衛清安」とは数次郎と信華の忍ばれた関係の終焉で、信華と数次郎二人の「源兵衛清安・花押」駒は、決して公には出来ない二人のロマンス共演の終幕の駒だったのです。


後妻のトミさんは、結婚生活していた当時から信華の存在を全く知らされておりません、回りの人間を含めて、信華の存在は豊島家の絶対の秘密だったのです。
戦後リーガルがトミ未亡人に取材した際、の録音テープに(昭和9年頃の話として)、「結婚後、数度豊島家を覗き込むように隠れて見ていた美女がいたとの事で、後日近所の人に相談したら、近所の人が「数次郎は既に結婚したよ」とその美女に話してくれたそうで、その後ピタリと美女の姿は見られなくなった」と話しております。
おそらく、この美女とは信華本人ではなかったのではないでしょうか。

また、この当時、関西旗界からも関東旗界からも見放されていた坂田三吉が突然豊島家に表れ、トミ未亡人は挨拶させられたそうです。関東旗界に反目していた坂田三吉が何用でこの時期(昭和9年頃)に東京に来ていたのでしょうか?信華の父増田弥三郎の急変か数次郎再婚に伴う増田家の立場を伝えに来たのではないでしょうか。
又、関西将棋界は突然どうして坂田三吉を見放したのでしょうか、おそらく阪田三吉と懇意であった増田弥三郎の息子に大きな政治的疑惑が発覚したのが原因ではないかと思えます。その事は信華の源兵衛清安花押・増田信華のコーナーをご覧ください。

以上が私が考える、本駒が特別な駒として作成され、二つの清安書として字母紙に残した理由ではないかと考え、数次郎と信華の隠れたロマンスです。



この太字の清安は大型の駒用の字母ですから、現代サイズの木地にそのまま作れば丁度良いサイズですよ。