龍山作・錦鳳 (きんぽう)         

       写真をクリックして下さい



本駒は極めて使用されて堀埋め状態になっておりますが、豊島龍山の作品資料としては新書体で大変に珍しく貴重な駒です、また、作品の特徴が間違いなく数次郎である事を示し、また、駒尻の銘は漆が剥がれておりますが、漆痕の変色痕から読み取れ、「龍山作」「錦鳳」と記してあり、残された駒成型や漆の特徴からも数次郎の作品で間違いないと判断できます。

さて、私の所有する資料を探しても豊島の「錦鳳」についての資料が見当たりません、古の書家にも見当たりません、ネット検索しても何もヒットしませんでした。
存在した人の書であるならば「錦鳳書」と銘するでしょうから、こんな時は、「錦鳳」の意味から推測してみましょう。

[錦](にしき)とは、様々な色糸を用いて織り出された絹織物の総称で、美しい物の意味や尊い物の意味でもあります。
「鳳」(おおとり)とは、「鵬」(おおとり)と同じで音読みで(ほう)と発音します、意味は中国に伝わる伝説上の鳥で、龍と同じ用途で描かれ、時の権力者に従う者の象徴として描かれる空想上の鳥です。
「時の権力者の代理を描いた絹織物」と言う事で、「天皇の代理の御旗」を意味します、即ち「錦旗」です。
明治維新の時に用いられた「錦の御旗」は、天皇の軍(官軍)の旗であり、「錦旗」と呼びます。
錦旗は菊章旗、日旗(赤地の錦に、金色の日像)、月旗(銀色の月像)の三旗で構成され、朝敵討伐の証として、天皇から官軍の大将に与えられた物です。

下の図は浮田可成が、明治4年から宮内省、太政官正院、内務省等を経て内閣記録局に勤め、緻密な絵図類を多数残した「公文附属の図」の一部で、平成10年「公文録」とともに、国の重要文化財に指定された、明治維新で用いられた「錦の御旗」三旗の絵図です。

             菊章旗

    月旗     日旗 


  月旗には龍が描かれています。                      日旗には鳳が描かれています。

    

以上の事から、「錦鳳」とは「錦旗」の三旗の内の「日旗」の事を指す銘である事が理解できます。

そこで、もう一度、本駒の文字書体を見て下さい。
あれ?あれ?これは奥野一香の「錦旗」書体にそっくりではありませんか!!
奥野流、豊島流の作風の違いは見られども、本駒書体は奥野錦旗を模倣した書体です。

昭和初期から奥野の「錦旗」の駒が評判となり大変に良く売れておりました。
そこで、豊島は、奥野の「錦旗」は「錦鳳旗」で「日旗」であると主張したのではないでしょうか、豊島には「金龍」の錦旗の駒がありましたから、「金龍」は「錦龍」で「月旗」として、将来「菊章旗」の「錦旗」の駒を発売する布石、或いは豊島の「錦旗」こそ錦旗であるとの正当性の主張ではないかとも思えます。
と、言うのも、当方所有の「錦旗」の駒と「錦鳳」の駒を実測しますと、駒の成型が同じであり、同時期に作成された駒であると推測できるからです。
豊島の「錦鳳」の字母紙も残らず、駒の存在すら気付かない程残存数も少ない事から、「錦旗」書体も「錦鳳」書体も数次郎が亡くなる前の最新書体作品だったと思います。
作成年代からして奥野幸次郎が亡くなった後の作品ですから奥野錦旗ファンを取り込む為に、奥野錦旗は日旗であり菊章旗は豊島の「錦旗」とする商売戦略上の作品であったと思われます。
駒を作って売る事が仕事とはいえ、この作品を作った時の数次郎の気持を思うと、奥野幸次郎というライバルを失った豊島数次郎から幸次郎へのお悔やみの言葉と思えば気が楽になりますね、、、、、、、、この作品は奥野幸次郎へ奉げた駒だと信じたいと思います。
「錦旗」の駒は棋洲書の駒であり「錦旗」銘の作品は奥野商店が最初に用いた商品名なのです。
いずれにしても、現在「錦旗」書として豊島の「錦旗」を多くの作者が模倣しておりますが、「錦旗」の駒銘の由来が残された駒により雄弁に語っており、いかに多くの誤った流言が、多くの駒製作者が駒文字に対する無認識から駒の製作を行い、あげく自己の作品に威厳を加えて広まっているのかご理解いただけるでしょう。