大橋宗桂作・後水尾天皇御筆跡乃写    
                   写真をクリックして下さい                           

本駒は質素な古駒箱に収められておりました。駒箱の蓋裏には「将棋家元 大橋宗佳作」と記されております。
大橋宗佳と言えば当蒐集の宗桂造の駒があります、どちらも同じ宗佳の銘ですが作者銘が造と作で異なります。
当時の駒作者の多くは○○造の文字を宛てますが○○作の字を用いる事もあり即時代が違うとの結論を出す事は早計で○○作もあります。
作品に注目してみます、先ずは駒作成方法は字母紙を用いず直接下書きして、線彫りと薄肉彫によって浅く彫られ、一旦堀埋めとし、その上で盛り上げられています、この様な技法は幕末期から明治期の高級駒に良く見られ、駒型や大きさも幕末から明治期の作品で間違いありません。
「御水尾天皇御筆跡の写」と「宗佳作」の銘があり、本駒の書体は今日に残る他の宗佳作品や宗金作品や木村名人家所蔵の資料と見比べても、御水尾天皇御筆跡を写した書体の駒である事は間違いありません、しかし既にお気付きかも知れませんが「大橋宗佳造・水無瀬型」とほぼ同じ書体です。
どちらも水無瀬駒書体である事は明白ですが、実は少し違いがあります、龍馬の龍、龍王の龍、王将の将、金将の将、銀将の将などに違いが見られます。
この違いは豊島の水無瀬兼俊写しと御水尾天皇御筆跡の「錦旗」にも表現されております、豊島作品には他にも数点異なる点が認められますが、単なる写しではなく豊島流のアレンジなので納得できますね。
さて、幕末から明治期にこの駒を作れる人物は、宗佳、宗金、真龍くらいです。
この三人の誰が作ったかは、大橋宗金は宗金作と銘を刻む作者でもあり、作品の漆の質も悪く、漆乾燥の室の環境も粗末であったろと思われる事から、十二代宗金の後期の作品ではないかと思います。
大橋本家は代々宗佳を継承しています、十世名人十一代宗佳も幼名は宗金でした、十二代宗金が家督を継ぎ宗佳を名乗っても問題ありませんので、大橋本家十二代宗金の作品であると評価しました。

大橋本家は、十世名人十一代宗佳が明治7年(1874)に亡くなり、十二代宗金が跡目を継ぎ、明治43年(1910)11月17日、奇しくも御城将棋の日に亡くなって事実上大橋本家は絶えました。

大橋分家の九代宗与(養子・勝田仙吉)は自身の不始末を責められ明治14年(1881)11月死亡(年齢不詳)し後継者もなく絶えました。

伊藤家は八代宗印が十一世名人に就任し棋界再建に尽力したが明治26年(1893)1月6日死亡し、嗣子印嘉初段は先立ってすでに亡く、後継者もなく絶えました。

大橋本家(宗佳)は明治維新により、幕府からの禄を失い、家屋敷も召し上げられ十一代宗佳は、駒師真龍の家に間借りして住まい、段位認定の礼金や駒作りを行い生活の糧としました。
しかし、生活ぶりは困窮し明治7年に亡くなり、十二代宗金の代になると宗金は更にいばら屋敷に住むまで凋落し、生活の為に将棋作りは続けられたようです。
十一代宗佳は名人位ですので、段位発行権を持ち免状を与える時に礼金の他に駒や駒箱や盤も同時に売り付けましたので、ある程度収入になったようですが、宗金は技量5段で段位発行権を持たず、素人衆相手に将棋を教えたり、駒を作って販売する事が主な収入源でした。
大橋本家の駒は、当時の憧れの的であり、宗金にとって御水尾天皇御筆跡の駒を販売する事は少しでも高額で販売したいとの思いであったのでしょう。
御水尾天皇御筆跡写の駒は明治以降に市中に広まり、後の駒師達により模倣されていきます。
今日ではこの書体を「錦旗」と呼びますが、宮松幹太郎が豊島の「錦旗」の正当性を語った創造話であり、本当の「錦旗」の駒は「連戦連勝の駒」という意味で、将棋界では竹内棋洲の「棋洲書」の駒こそが錦旗の駒なのです。

本駒は作成年代からおよそ100年以上経ているにも拘わらず、割合にしっかり書も残り、また御水尾天皇御筆跡の文字も確認でき、およそ100年経てのタイムマシンで贈られた駒のようです。