奥野一香作・昭和大興記念・菱湖書       
                   写真をクリックして下さい

奥野一香作・昭和大興記念・菱湖書

紙製の駒箱には「本黄楊藤巻 菱湖書 天下一品 奥野刻 無剣愛玩」とあります。
鋸などの柄に滑り止めと補強の意味を兼ねて細い藤の木の皮が巻いてあります、その模様を藤巻と呼びます。
虎斑よりも細かい藤巻き模様の黄楊の事です。
「本黄楊藤巻模様の木地に菱湖書のこの駒は天下一品の品物で奥野商店が作りました、渡邊千冬はこれを大いに気に入りました」、と、この様な意味です。渡邊は無剣○○とその時の気持ちを○○に表し愛玩とは渡邊千冬の持ち駒という意味ではありません、好きな物とか好みと言う意味です。
当時、貴族議員連中の中でも渡邊千冬の将棋好きはかなり知れ渡っていました。そんな渡邊に売り込みの為なのか自慢する為なのか分かりませんが、誰かが(おそらく土居市太郎の縁者)、奥野の会心作を見せ、後日の記念に渡邊に一筆サインしてもらい、そして大事に箪笥の奥にでも仕舞われ、やがて忘れ去られていたものでしょう。本当にタイムカプセルです。

しかし、貴族議員の大物である渡邊に「天下一品」と言わしめたその作品の実力は、木地はもちろんの事、個性的な漆の盛り上げ、珍しい彫り銘など、どこをとってもいろいろな意味で素晴らしい一品です。当時の奥野商店に出来る限りの会心作であった事は間違いありません。
入手時には駒は油紙に包まれて駒表面の蝋が白濁しておりました、製作されてから一度も使用されず磨かれもされなかったのでしょう、80年以上もの眠りから覚めて良くぞ現世に現れてくれたものだと感謝し早速乾拭きをしますと本来の輝きが少し蘇りました。
一度だけの乾拭きで十分とは思えませんが是ほどの輝きを取り戻しました。しかし80年もの間新品を守り通したこの駒をこれ以上に手入れをする事はなんとなく憚れます。

さて、この作品の菱湖書ですが、玉将の玉の字が他の菱湖書体とは異なります、菱湖書は大正8年頃に高濱禎が駒字として巻菱湖書を作ったのが始まりとされ、豊島が駒にしたとされています。現在でもほとんどの駒師が豊島が残した字母を基本としております。
高濱禎の駒文字には玉と王の両方が書かれており、不思議な事に豊島の残した字母帳には玉文字がありません。
しかし、実際に豊島が駒製作に用いられた字母紙(印刷)には玉文字と二種類の王文字があり、おそらく初期の菱湖書の書体なのかも知れませんが確かではありません。
又、静山も龍山銘での初期作の菱湖書は王字に点を付けた玉字の菱湖書の駒を作っており、字母帳の菱湖書体から大竹氏も静山も奥野も菱湖書の駒を作り、三名共に誤ったのかも知れません。
奥野一香は本駒以外には菱湖独自の玉文字作品と、本駒の玉文字の混在作品も多数残しています。

もしかして、この菱湖の書体は奥野が先で豊島が模倣した可能性も否定出来ません、と言うのも、豊島にはもう一つの菱湖書体が存在し、現在はその字母を熊澤氏が保存しております。
さらに、本物と思われる豊島の菱湖書の駒を私は見た事がありません、字母紙を作って駒を作らなかったとは考えられません、が、現実には製作組数は少なくほとんど作成されていないようです。
製作年代が明確な駒では、この菱湖書体の駒がおそらく最も古いと思われ、なおかつ豊島の菱湖駒よりも奥野の菱湖の駒の方が圧倒的に多数残されています。
この点など今後の研究課題でもあり、新たな古駒や資料の発見次第で解明されると思いますが、奥野一香亡き後、豊島は奥野商店の人気商品であった「錦旗」の駒銘や書体を模倣した痕跡が認められますので、おそらく今日に残る「菱湖書」も豊島書体字母は、奥野一香の「菱湖書」を豊島がコピーしたのかも知れません。
豊島は奥野一香亡き後に「錦旗」の銘と同銘の「錦旗」や奥野錦旗書体は「錦鳳」として売り出されようで、同様に菱湖書も模倣して販売する予定で新規に字母紙を作成し数組は作成されたのではないかと思われます。

現在生産されている「菱湖書」は豊島の残した字母紙ですが、奥野菱湖駒を参考に作成されています。
しかし、基本的に模倣されていても同じではありません、奥野菱湖と豊島菱湖は簡単に見分けられます。
現代作家の菱湖作品は作者の駒文字に対する姿勢が菱湖作品には顕著に表れています。


昭和三年、初代奥野は7年前に亡くなり、外注職人松尾昇龍は年齢不詳、二代目奥野一香(幸次郎 )29歳、初代龍山(太郎吉)66歳、二代目豊島龍山(数次郎)24歳、豊島下職の木村文俊20歳(翌年の昭和4年に独立)、松尾昇龍に弟子入り直後の大竹治五郎14歳、特定の職もなく暮らしていた金井静山24歳、そして宮松幹太郎が産声をあげた年であった。奥野幸次郎は10年後の昭和13年に亡くなり終焉を迎えてしまいます。

前年には奥野家の長女が嫁いだ先の土居市太郎が会長を務める東京将棋連盟が関西の棋士をも合流して日本将棋連盟となった年でもあります。


参考に巻菱湖の書から駒字に使えそうな字体を集めてみました。うーーーーーーん汗(高濱禎)




将棋春秋昭和4年奥野の広告




お願い
資料やご意見がありましたら是非教えて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。