昭和壬辰 宮松作・錦旗   
                   写真をクリックして下さい

宮松影水は、宮松関三郎、幹太郎親子の銘で、関三郎は将棋指しで七段まで上ります。
豊島、奥野の駒師界の両巨頭が昭和十五年までに相次いで亡くなり、将棋界を引退した関三郎は駒造りをする決心をし、昭和18年に豊島の遺族から字母紙と生地を買い求めたそうです。しかし関三郎は駒を作ることが出来ず、職人に駒を作らせ主に「宮松」銘を用いていますが、昭和22年関三郎が亡くなり幹太郎が本格的に駒作りを始め影水を名乗ります。

昭和壬辰とは1952年・昭和27年であり本作は宮松幹太郎24歳にして製作した作品です。
当時、棋士であった父関三郎との親交も深く、息子の宮松幹太郎を特別に贔屓していた名古屋の板谷四郎九段が本駒を譲り受けた物です。
次男のご子息も棋士となった板谷進九段で、宮松家との親交も深かく、宮松幹太郎は板谷親子に特別に可愛がられ宮松影水を世に送り出した立役者です、板谷進九段は本駒を展示会や集会などでも披露し宮松幹太郎の宣伝に一役買ったといわれます。
また、勘太郎亡き後も未亡人のトミさんの為に「美水」の駒を数百組買い入れ地元名古屋で売り捌いたそうです。
本駒はそんな板谷親子が幹太郎の遺品として大事にされていた駒で、余り歩5駒の計45駒となっており、親子二代に渡り高名な専門棋士であり駒コレクターであった板谷九段親子に大事にされた宮松を代表する名駒です。

生前の宮松幹太郎と親しい将棋研究家の山本亨介は幹太郎の話として幹太郎は生涯に会心の作が二組あり、その二組には製作年が刻まれ天狗太郎の「将棋101話」に、宮松幹太郎は「そいつを手放すときは辛くてね」と話していたと記されています。
若き幹太郎を贔屓にしていた当時高名な板谷九段の頼みですので幹太郎にとって断る事は当然出来なかったのでしょう、が、しかし世に宮松影水の名を広め、人気駒作家となった大恩人に渡った事は幹太郎にとっては本望だったと思います。
本駒は、その宮松勘太郎会心作の一組であり、世に絶品と評価され、知る人ぞ知る宮松駒コレクターにとっても憧れの名駒の一品でもあります。

本駒の錦旗書体の字母は、豊島の錦旗字母を用いて作られており、豊島錦旗そのものですが、さすが天才と呼ばれ戦後の昭和を代表する駒作者らしく豊島字母書体を美しくまとめられています。
豊島の模倣作者であった宮松幹太郎が豊島を卒業し駒師影水として作品に自信を持つきっかけとなった作品だったのではないでしょうか。

是非、豊島や静山の錦旗と見比べてみてください。

    昭和25年将棋評論・宮松の広告
   
   昭和25年都市部のサラリーマンの月平均収入13,238円 主婦のパート月収入1838円