金龍・花押 (市川米庵書)銀杏面取     
                   写真をクリックして下さい


金龍 二見氏治(二見五郎左衛門氏冶)

金龍 の二見氏冶は大変な知略者で商才に長けていたそうで、黒船の浦賀来航の年、武器弾薬の需要を予見して、鉄砲の口薬入り早合(はやごう)を作って、あちらこちらに売りさばいて大儲けしたそうで、お能は宝生流、俳句もひねり、多彩な才能を発揮したそうです。
金龍の駒作りは明治六年四月六日に東京五反田で四十七歳の生涯を閉じ終焉を迎えますが、彼の子孫も大変な知識人で、活躍します。

弟の甲賀源吾が明治2年3月の宮古湾海戦で壮絶な戦死を遂げたので、明治4年甲賀家再興のため金龍の三男、貴知郎が甲賀家を継いで甲賀宣政を名乗り、義理の父源吾が務めた時の幕府海軍総裁、矢田堀鴻の下に学問に励み帝大卒の工学博士となり、大蔵省造幣局での多大な功績が認められて正三位勲二等を授けられるまで栄達します。
さらに、甲賀宣政の子大雄は大正末期に帝大医学部卒の医学博士となり、数本の研究成果を残して『芸備医事』昭和6年12月号の記事に「サルバルサン注射と禿頭」という論文などを残します。
当時売春は許されており、梅毒の蔓延は深刻な問題でした「サルバルサン」は当時の有力な梅毒治療薬で、その薬の副作用で頭髪が抜け禿げると警告し、その危険性を説いています。
当時の男性にとって梅毒で鼻がもげて死ぬか禿げになるか深刻な選択をしたんですね。
貴兄諸君は安心してください、「サルバルサン」は現在では使用禁止のヒ素化学物質薬で、現在では抗生物質を使うそうです。
大雄は、中央区蛎殻町1丁目29で甲賀病院を設立し「回天艦長甲賀源吾伝」を残し、彼の祖父である「金龍」を記録に残しました。
現在は当地は大戦の空襲で焼かれ今はアパートが建ち何も痕跡は残されておりませんが、駒込の光源寺には甲賀家墓所と二見家の墓所があり現在も仲良く並んで墓碑が立っています。

全面銀杏面取りを施した駒
さて、本駒は黒柿の駒箱に収められておりました、大橋家伝わる駒箱のサイズよりは多少大きいのですが形は大橋家流で水無瀬駒の絵柄が描かれ結い紐金具も取り付けられ凝った駒箱で、奇妙な事に王将の駒が大将となっております。
さらに、注目すべきは全駒に施された銀杏面取りです、私の知る限り銀杏面取りの駒は十三世名人・関根名人記念館が所蔵する牛谷露滴作成の駒ただ一組ですが、牛谷作りの駒は表裏の二面に銀杏面取りが施されております。
しかし、本駒は六面の全てに銀杏面取りを施した駒で牛谷作りとは全く異なり使用された面取りカンナも違います。

牛谷露滴は鹿島清左衛門(鹿島清吉)(鹿島清次郎)嘉永六年(1856)生れ、伊藤宗印や小野五平の贔屓筋で、東京の深川區島田町七に住み、明治期には没落してしまった人と伝えられており、豊島太郎吉(龍山)に材木商と駒作りを教えた人と伝えられ、天狗太郎『名棋士名勝負』によれは牛谷露滴は深川木場の人望家で、酒問屋を営む者と伝えていますが、国立国会図書館の「日本紳士録. 第1版」明治22年6月では鹿島清左衛門は材木問屋を営むと記録されており鹿島清吉は酒屋問屋を営むと記録され鹿島清次郎は質商(金貸)を営むと記されています。鹿島清左衛門や鹿島清吉や鹿島清次郎は明治末期から大正時代には急速に資産を減らし二百萬程度となりますが、現代では二百憶くらいの資産家。
当時、鹿島一族は深川で工事請負業、清酒問屋、材木問屋、質商と鹿島一族が深川の経済を牛耳っており、鹿島清左衛門や鹿島清吉や鹿島清次郎の名は代々の当主がそれぞれの名を引き継いでいきました。鹿島は屋号で清左兵衛や清吉や清次郎は屋当主の名前で代々襲名されていき同一人物の可能性もあります。
牛谷一族は牛谷弥兵衛(1649生)が始まりで、生家近くの神社の鹿島神社の名をもらい、その子孫それぞれが商店を興す際に(屋号)鹿島を名乗り、鹿島の家に跡目が無い時には牛谷家の人間が継いでいく鹿島家の総元締めの様な家で、明治期において牛谷一族(鹿島一族)は関東で1,2を争う大財閥でした。
天狗太郎は露滴を牛谷家三代目と伝えてますが、計算上牛谷弥兵衛から三代目は1700年代の人となり時代が合いません、この説は多いに疑問です。
いずれにしても、牛谷家は当時の超大財閥一族であり、牛谷露滴が鹿島清左衛門でなくとも一族の一員であれば一生遊んで暮らせる家に生まれた裕福な御曹司だったのです。

また、竹内棋洲の「将棋漫話」によれば、明治三年の大橋家本家認定の高段者一覧に、六段に小野五平、五段に大橋宗金、竹内伊蔵、と並び牛屋露滴の名を連ね小野五平と同門で、当時14歳にして五段を許されており、現代に生きていれば藤井 聡太と多いに争ったであろう程の天才であった事になります。
小野五平は明治5年の6月6日、深川木場の鹿島清次郎宅で宗印と香落番を指し、 その後は「尾野五平会」を組織して、五平は宗印とは別行動をとるようになった。と記事にあり、鹿島清次郎は牛屋露滴の事だと思われ。
牛谷露滴は明治十一年の伊藤宗印の番付表に筆頭行事として載っており、明治12年の八代伊藤宗印十一世名人襲位記念の免状で露滴は六段を受けます。
「萬朝報」明治27年(1894)の小野五平と大橋宗印の昇段問題の仲裁記事に「取りなしを深川の豪家鹿島氏に托したり。此の鹿島氏は小野氏の高足にて立派に七段位の腕力あれば小野氏は之を大事の得意場とし鹿島氏も特別に小野氏の方正なるをひいきしたれば」と記されており鹿島氏とは牛谷露滴を指し、当時の将棋界ではパトロン的な存在なのです。
牛谷露滴は将棋の駒作りを生活の糧とする駒師ではなく、暇にまかせて将棋や将棋作りを趣味とした大資産家で、アマチュア駒師の先駆者だったのでしょう。


牛谷露滴が鹿島清左衛門だった場合、深川は掛川藩の江戸屋敷があった場所であり、金龍(二見五郎左衛門氏冶1826生まれ)も深川界隈に住み、幕末の同時代を過ごし活躍した二人は極めて近くにありますので仕事や二人に共通する将棋を通じ親交があったと思われます。
文久三年(1863)金龍が金龍銘を譲り受けた年は金龍26歳で、牛谷露滴は未だ7歳です。
大政奉還(1867)後に金龍は大目付に昇進し出世しますが牛谷露滴はやっと11歳で、6年後の明治六年(1873)には東京五反田で金龍四十七歳の生涯を閉じた時、牛谷露滴は17歳です。
金龍と牛屋露滴の考え得る二人の関係は、掛川藩は天領(駿府)の譜代大名(将軍家の家来)の藩であり江戸深川は幕臣掛川藩(旗本)屋敷の拠点でした、しかも掛川藩は幕府木材の切り出し拠点でもあり、倒幕派の掛川藩士は維新後も官任されました。
江戸深川に営む牛谷家、鹿島家にとって掛川藩は許認可権を持つ大の得意先でしょうから、もしかして掛川藩の大目付であった金龍は職権を用いて牛谷露滴を金龍宅に呼び寄せ将棋を指す事も出来たでしょう。
そして、牛谷露滴は松尾昇竜氏と大竹氏の関係のごとく、見よう見まねで金龍の駒作りを見て駒作りに興味を覚えたのかも知れませんね。
いずれにしても、本駒が金龍のアイデアで銀杏面取を施した最初の駒師であった事を証明しており、牛谷露滴はこの様な金龍の駒に憧れ、後年に模倣したものと思われ、銀杏面取りの駒は、知略家で商才に長けていた金龍だからこその斬新なアイデアだったのです。
共に、駒作りを生活の糧とする必要がなかった二人ですから趣味人として駒に銀杏面取りを施したのではないでしょうか。


本駒隷書体の作者
さてさて、本駒の書体銘ですが書体銘が記されていません。
しかし、多くの書物に「金龍は市川米庵の書を得意として、いつの間にか金龍銘が市川米庵の銘に置き換わった」と書されております。
処が、金龍の残した駒は極端に数が少ないのですが、その本物と思われる一組を児玉氏が所有しており、「金龍造」の銘だけで書体銘は記されておりません。
児玉氏の所有する駒は、書体も表面楷書で裏面行書で角行裏の龍馬の文字が何と「昇り龍」で、片玉の駒でしたので、真贋の判断を下せませんでした。
市川米庵は書家であり、多くの書を残しますが、某氏所有の駒は楷書、本駒は隷書の、共に、市川米庵の書でないかと思います。
市川米庵の書体については多くの書籍にもその存在が記されておりましたが、実際には市川米庵の書体の駒は未発見で謎であり不明でしたが、本駒がその隷書体を明らかにし、新発見書体である事から、市川米庵の隷書体であると思われます。

又、市川米庵の長子である市川萬庵は江戸期には与力鉄砲方として幕府に仕え神田練塀町に住み金龍とは交友もあったようです。
市川萬庵は維新後は大蔵省に務め明治 3年 ( 1870 ) に最初の日本紙幣の文字を書いた書家として知られます。金龍の三男、貴知郎が大蔵省に入省し活躍したのも、そんな二人の関係があったからではないでしょうか。
金龍は市川萬庵を通じて市川米庵の書体を得意としたと思われ、市川米庵の書体も市川萬庵を通じて数種類のバリエーションがあるのではと推測されます。


私は金龍の駒に市川米庵の書体である奥野錦旗の元となった書体が存在する、と予見しております、それは、表面を市川米庵の楷書で裏面を草書で書いた書体の駒です。
奥野錦旗の角行の下り龍は昇り龍が突然落下した様に不自然であり、児玉氏が所有している金龍造の市川米庵の楷書は「片玉」でもあり大橋家の作法に反しているので、おそらく金龍が市川米庵の楷書で表面を、裏面は草書で市川萬庵の提案で龍馬の龍を無理やり下り龍にした書体にして作法に合わせた書体にしたであろうと思うからです。
ですから、現在に残る駒書体の中で奥野錦旗が密かに市川米庵と市川萬庵の合作書体を伝えていると確信しています。
いつの日にか必ず金龍が作った奥野錦旗書体の駒に出会えると私は信じ蒐集できる日を楽しみにしています。

現在、私の知る限り金龍の駒は、法眼董斎、楷書の市川米庵、真龍似書体、そして本駒の隷書体の市川米庵の書の四組四種類だけです。
また、銀杏面取を施した駒も、・関根名人記念館が所蔵する牛谷造の駒と本駒の二組だけです。
市川米庵の隷書体の駒は本駒の一組しか残っておらず近代駒作りの歴史を物語る生き証人の駒であり、本駒の存在自体が駒歴史の上からも大変に貴重な駒で、現代駒が華開く原点の駒でもあり、金龍こと二見氏治こそが現代駒の元祖なのです。





市川米庵
市河寛斎の子。名は安永8年(1779年)、己亥九月亥の日(9月16日)の亥の刻に江戸日本橋桶町に生まれたので三亥と名付けられた。
字は孔陽、通称は小左衛門。号は米庵・亦顛・楽斎・百筆斎・金洞山人・小山林堂・金羽山人。
寛政7年頃、林述斎の門に入り、柴野栗山に学び、寛政11年、書塾小山林堂を開いた。文化8年、富山藩に仕え、後に加賀藩に仕えた。
書の門人は5,000人、諸侯の門人も200人を越え、巻菱湖・貫名海屋とともに幕末三筆と称された。
市川米庵は、隷書・楷書を得意とし、寛政11年(1799年)、20歳の時に書塾 小山林堂を開いた。
その後、和泉橋藤堂候西門前に大きな屋敷を構え、尾張徳川、筑前黒田、津藤堂、徳山毛利、鯖江間部などの大名にも指南を行った。
1858年没し、享年80。西日暮里本行寺に墓がある。

市川萬庵
市河萬庵は1838年生まれ、市河米庵六十歳の時の長子で名は三兼、字は叔並、号を萬庵と称し、幕府に仕え高島秋帆に砲術を学び鉄砲方となる、父の後を継いで篆書・隷書を得意とし長野県佐久市の佐久ホテル(1428年の室町時代創業の信州最古の老舗)に篆刻碑を残し、弾琴・点茶も良くした、維新後は大蔵省に勤め明治三年にロンドンで新製した日本の紙幣の文字を書いた書家である。